[北高] 西田君・三宅君の絵 (7/8)

 今日(7/8)は北高祭の一般公開日でした。彩風館で合唱部のミニコンサートを聞いて、4階の1年生の教室の模擬店で昼食を取った後、4階から3階に降りる東階段の途中に大きな絵が飾ってあり、「集い」150号 画  西田 陽二≫とラベルが付いています。さらに、3階から2階に降りる東階段にも絵が飾られていますが、その絵のラベルは≪油絵 30号 画 三宅 悟≫となっています。

 両方共、見覚えのある名前です。そうです。4階~3階の階段の絵は「西田陽二君」(8組)、3階~2階の階段の絵は「三宅悟君」(10組)が描いたものです。北高の校舎に飾られている絵は、10点にも満たないと思いますが、その中で21期の大作の絵が2点も並んで飾られているとは、ちょっと驚きでした。携帯で撮った写真を載せておきますが、ガラスに光が反射してうまく撮れていません。ご勘弁を。

 なお、美術部の展示室にいた北高生の女の子にこの絵について聞いたら、「昔の先輩が描いた絵と言う事以外は分かりません」との事でした。西田君、三宅君の大作の絵が北高の東階段が飾られている経緯は、いつか本人たちに聞いてみたい気もします。以上、ご参考まで。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA